レディー

経費精算システム導入で効率アップ|会社に必要な管理情報を紹介

企業にとっては大切なこと

女性

監査の重要性について

法人格を持っている企業にとっては監査というものは非常に大事なことです。企業は年間にかなり多くの収入と支出を行います。そのお金の使い方が適切かどうかを判断するのが監査の役目です。通常、監査は内部ではなく外部に委託するのが普通です。内部で監査を行ってもなんの意味もありませんし、チェックが甘くなるだけです。外部に監査を依頼することで、厳しい目によるチェックを行うことができます。監査は年間に一回のところと複数回行うところがあります。企業にとっては、不正は大敵です。不正が監査でわかった場合は、かなりの大ダメージを被ることになります。しかし、そういった不正を見過ごせば企業にとっては更にダメージが大きくなるだけです。

これからの需要と利用について

監査の役割は、適切な会計処理が成されているかどうかをチェックする事が本筋ですが、同時に指導を行って改善させる役割も担っています。事務処理は人間が行っている事ですので、必ずミスは起こります。しかし、そのミスに気づかずに事務処理を続けていては、そのミスは何時迄も無くなりません。監査人がそういった会計処理のミスや不正を見抜くことが、今後の企業の成長にもつながるものだと考えられています。企業があり続ける以上、監査を行うシステムはなくなる事はないでしょう。企業は毎年膨大な事務処理を行っています。それらを自社内で事細かくチェックすることは物理的には不可能だと考えられます。外部の客観的な目によるチェックが必要です。