レディー

経費精算システム導入で効率アップ|会社に必要な管理情報を紹介

改善をするメリット

スーツの人達

監査で企業の問題点を見付けます

企業で労働する場合には大抵何らかの部署に配属されて、専門的な知識と経験を活かして営利活動に励みます。しかし、専従している従業員や経営陣は業務内容に精通しているからこそ見落とす落とし穴があるかもしれません。また、他の部署と十分な連携を取ることの重要性も年々増していますから、俯瞰した管理業務の改善を行うことは大切と言えます。監査は自社の人員やシステムを十分に把握して問題点を発見することを業務とすることが一般的です。監査をすることで労働現場における個人で対処できないシステム的な問題点を改善することができれば、従業員の労働意欲の向上に役立つだけではなく、業務の効率化も図れるかもしれません。更に監査業務を継続的に実施することは社会の変化にも適切に対処することにも役立ちます。

報酬相場は会社規模に応じます

企業活動は社会の時代性に応じて常に変化していきますから、企業構造は変化を余儀なくされる宿命にあります。経営陣が企業の経営指針を決める重要な舵取りとすれば、監査はその耳目となって問題点を洗い出すためにも重要と言えます。法律上は企業規模や企業形態に応じて監査役の設置が義務付けられることもありますが、会社法の規定に満たない企業では必ずしも設置する必要はありません。それでも多くの企業が重要性を認識して監査業務を取り入れています。監査業務も企業活動の一部ですから、その報酬相場は企業規模、監査の内容や量等の様々な要因に応じて変わります。自社で監査担当部署を持たずに外部の監査法人等に依頼すると1日数十万円程度が相場と言われます。